失敗の可能性もある|事後でもしっかり避妊処理/アフターピルを通販で注文

事後でもしっかり避妊処理/アフターピルを通販で注文

薬2

失敗の可能性もある

アフターピルを使ったからといって、100%避妊に成功するとはかぎりません。
このことはちゃんとあなたに理解しておいてもらいたいところです。
アフターピルは性行為後に使えるピルですが、やっぱり100%というわけにはいかないのが現状です。
そしてアフターピルはその使い方次第でさらに失敗してしまう可能性を高めてしまうので、ここで一般的によくあるアフターピルの失敗に関する話をしていきたいと思います。

まずアフターピルの副作用には吐き気があるということを簡単に伝えましたが、人によってはただ吐き気を感じるだけではなくそのまま嘔吐してしまうことがあります。
その際にはもちろん服用したアフターピルが出てきてしまうので、そのままだとアフターピルによる避妊は絶望的になってしまうでしょう。
だからアフターピルを吐き出してしまった場合は、すぐにもう一度アフターピルを服用していください。
嘔吐してから2時間以内であれば、もう一度アフターピルを飲むことができます。
ただしそうする前に、あらかじめ医師に相談してから実行してください。
人によっては飲み直さない方がいい場合もあるので、吐き出した場合の適切な対応方法は事前に教えてもらうことが重要です。

そしてアフターピルを飲んでから消退出血がない場合は、残念ながら妊娠してしまっている可能性があります。
基本的にアフターピルを正しく飲んでいればどれだけ遅かったとしても不正出血が起こるので、その様子がまったく見られない場合は妊娠検査薬を使って確認してみましょう。
ただ生理が来たあとは剥がれる子宮内膜がほとんどないので、その場合は出血を伴わないことがあります。